利用する理由

窓際からみた風景

賃貸物件は一定の期間、その場所を借りることを契約書で交わし、定められたお金を月々に賃料として支払い利用するものです。 賃貸のメリットは、その不動産を保有する必要がないので固定資産税などの税務上の負担や、経年劣化による建物の修繕費用の負担などがないという点です。一方で保有をしていないため、資産にはならないデメリットがありますし、賃料が払えなくなった場合には立ち退く必要があります。このさいに原状回復義務があるため、退出時に金銭的な負担を求められる場合があります。 賃貸サービスとしては、主に住宅や商業目的の2種類がありますが、借りる方法としては不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。個人間でも借りることはできますが、契約が曖昧になるリスクがあり、特に貸し手にとっては不利です。

賃貸物件を利用する理由はいくつかあります。賃貸物件でも住宅の場合には、持ち家志向がない人や経済的に持ち家が困難な人たちです。また経済的に余裕があっても賃貸を選ぶ人は多く居ます。この場合には、転勤が多いといったことから、単に新しい賃貸物件に移り住むのが良いといった人たちです。特に簡単に移り住むことができるので、ライフスタイルに合わせて間取りを変えたりすることで効率よく賃料を支払うことも可能です。 一方で、店舗として賃貸物件を借りる場合には、やはりその地価の高さがあります。商業地の多くは地価が高いため、借りるのが一般的です。また不動産を購入して商売をはじめる場合にはそこから移動できないというリスクがあるため、多くの場合には借りて営業する方がリスクが少ないといえます。