知っておくべきこと

プライベートデスク

一戸建てや分譲マンションなど不動産の購入は非常に高価な買い物と言えます。 しかし最近では、住宅ローンの金利が史上最低の数字となっているため、住宅購入のネックであった頭金が無くとも不動産購入が行いやすい時期となっています。 住宅ローンは金融機関によって金利や手数料、保証料や各種保険料が異なっており大きな幅があります。 徹底的に比較して、よりお得に利用できる金融機関からの融資を受けることが需要と言えますが、有利な条件の金融機関は審査の基準が厳しかったり、長期の審査期間が必要になるなどデメリットがあるため注意が必要です。 また、金利は固定金利と変動金利で大きく分けられており、固定金利は金利が一定のため、変動するリスクがないが、金利が高いという特徴があり、変動金利は低金利ではあるが金利上昇というリスクといった特徴があります。

不動産購入の費用は、物件価格に加えて、さまざまな諸費用を要します。 この諸費用は、手続にかかる費用や税金、住宅ローンの手数料や保証料、不動産業者に支払う仲介手数料、各種保険代となり、その金額は物件価格の1割程度と決して安い金額ではありません。 しかし、現金で用意する必要があるため住宅ローンに組み込むことは非常に難しいので、不動産購入の際の最低限に用意する金額として予算を建てる必要があります。 しかし、最近では不動産業者の競争化により、仲介手数料を割引や無償化とする業者も増えているため、住宅ローンの手数料や保証料を安くする金融機関の併用により大幅に諸費用を抑えることも可能となります。 諸費用を抑えることにより、不動産購入の敷居が下がったり、頭金に回して金利負担を抑えることが出来るといった様々なメリットに繋がります。